please rotate your device

Le créateur

tour eiffel createur

Le Parisde Jean Paul ジャンポール・ゴルチエが挑むパリ

Gaultier
ストリートからランウェイへ ―― この言葉がポップカルチャーをファッションショーの舞台に持ち込み、そして世間に認めさせた、旧弊なものを打ち破る彼のモットーになっています。このようなデザインコードの変革を実現するための方法として、周りの都会人たちを思いのままに(再)解釈する以上にぴったりの方法は他にあるでしょうか?有名あるいは無名。ジャンポール・ゴルチエのパリジェンヌは、特に多種多様です。彼は10を超えるコレクションをパリジェンヌに捧げています…。決して途中で投げ出すことなしに。「パリジェンヌは私が最もよく知っている女性。でももしかすると、実はまだ出会ったことがないのかもしれません!」
pigalle createur
fumeuse

Le boudoir ブドワール
(女性のプライベートルーム)

女性らしさが詰まったブドワールは、男性らしさと女性らしさの既存の境界線について問い直すのにぴったりの場所です。女性の超女性化、超男性化された男性、あるいはスカートを履いた男性。ジャンポール・ゴルチエは、シルエットを全く新しく解釈し直すことにより、ファッションコードを覆しています。
lingerie createur
black createur
pose createur
「ジャンポール・ゴルチエの手にかかると、悪趣味はセンスのよさと同じくらい興味深いもの、少なくとも同じくらい受け入れられるもの、そしてセンスのないものよりはるかに好ましいものになります。」 ヴァレリー・スティール、FITミュージアム館長

Le cultedes corps 肉体崇拝

ジャンポール・ゴルチエは肉体をじっくり観察して、従来のメルクマールを大きく変えるビジョンをわれわれに提案します。絶えず実験を重ね、彼はオールインワンスーツやスカートにもなるドレスといった、ハイブリッドなファッションをデザイン。常識を覆すような彼の解釈は、われわれがよく知っていると思っていたフォルムやコードに疑問を投げかけるのです。
le createur
le createur

JungleUrbaine アーバンジャングル

永遠に好奇心旺盛なジャンポール・ゴルチエは、常に違いを示します。世界中のカルチャーにインスピレーションを得て、彼は“シックなラビ(ユダヤ教区の長)”、“サムライ”、あるいは“トゥアレグ族の貴族”が超現実的な方法で共存する、開放的で活き活きとした“ワールド・ビレッジ(世界村)”を創り出します。ゴルチエの数多くのコレクションは、多様性に対する愛情を込めた彼からのオマージュなのです。「私は個性を尊重しており、特色あるものが好きです。」
createur
createur

Metropolis メトロポリス

「最初の頃、私はフォリー・ベルジェール劇場のための衣装や舞台装置を手がけたいと思っていました。」幼い頃からアート好きだったジャンポール・ゴルチエは、ストーリーを語るためだけにファッションを手がけています。こうしてごく早い時期からミュージックホールのスターたちとのコラボレーションを行ってきました。そして80年代以降は、20世紀末を代表する映画やダンス、ステージの衣装を手がけています。
createur
createur
createur

Du créateurau couturier クリエイターから
デザイナーへ

「オートクチュールでもプレタポルテでも、私はあらゆるスタイル、あらゆる年齢層の、さまざまな女性を対象にしたコレクションにしたいと、常に望んできました。」 ジャンポール・ゴルチエ
logo
02
「私は物事を普通とは違った角度から眺め、予想されているものに疑問を投げかけるのが好きなのです」 ジャンポール・ゴルチエ