このコレクションとともにジャンポールゴルチエは、サン=マルタン通り325番地のランウェイに意図してブルターニュ地方を取り込むことにより、円筒形の帽子をかぶった女性たちのイメージの復権に一役買いました。ケルト文化からのインスピレーションによって、有名なブルターニュ地方のガレットをイメージさせるディスク型のスカートが誕生する一方で、メゾンの定番アイテムであるマリンボーダーのニットは、塩バターのおいしい香りが漂う中、ブルターニュの伝統的なヘッドドレスと組み合わされていました。

シルエット

「民族衣装とパリ流シックの完璧なミックス。ありがとう、ブルターニュ!」
ジャンポール・ゴルチエ

Back Stage
Allez plus loin
cabaret-menu
push_bas_irina (1)